サプリ

ビナリスは痩せない?口コミは嘘だらけ?

ビナリス痩せない

ヤセ菌をサポートするビナリスは痩せないという口コミもありますが、実際はどうなのか調査してみました。

この記事では、「ビナリスは痩せない」という噂の真相に迫ります。

ビナリスは痩せない?

ビナリスは、ヤセ菌をサポートする話題の商品ですが、痩せない?それとも本当に期待できるのか真相に迫りました。

(痩せないという口コミは?)

ビナリスの口コミを調べたところ、少数ですが痩せないという感想もありました。

・ビナリスを1週間飲んでも痩せないので、期待していただけに残念です。

・2週間継続しても体重に変化はないので、痩せないと思います。

・ビナリスの成分に魅力を感じ購入しましたが、今のところ効果を実感していません。

痩せないという口コミを見ると、短い使用期間の人がほとんどのため、ビナリスを飲んでも痩せない原因は、使用期間も関係しているようです。

(痩せない?それとも本当に期待できる?)

ビナリスには、ユーグレナや有胞子性乳酸菌、酪酸菌、ビフィズス菌B-3、6種の穀物麹、きのこキトサン、サラシアなどの成分が配合されています。

これらの成分は、腸内環境や体内環境、ダイエットサポートなどにアプローチするため、ビナリスは痩せないというより十分期待できます。

・短鎖脂肪酸はヤセ菌を増やす!
短鎖脂肪酸は、ヤセ菌を増やす成分として知られていますが、ヤセ菌が増えると痩せやすい身体になります。

ビナリスは、ヤセ菌を増やす短鎖脂肪酸をサポートするため、『色々試しても痩せない!』という方にもおすすめなサプリです。

この商品の口コミから本当の評判に迫る!

ビナリスは、雑誌にも取り上げられた話題の商品ですが、本当の評判はどうなのか口コミから真相に迫りました。

(悪い口コミ)

・評判が良いのでビナリスを購入しましたが、10日飲んでも痩せないです。

・便通が良くなったものの、3週間経ってもウエスト周りは変化なしです。

・使用期間が短いせいか、ヤセ菌が増えたという実感はありません。

ビナリスの悪い口コミを見ると、使い始めから1ヶ月未満の人がほとんどのため、使用期間の短さも効果を実感できなかった原因のようです。

(良い口コミ)

・便通が良くなり、悩みのポッコリお腹が目立たなくなりました。

・30代になってから痩せにくい身体になっていましたが、ビナリスのおかげで徐々に痩せています。

・継続するほど結果を実感しているので、今後も継続して理想的なクビレを目指します。

・評判が良い商品だけに今までにない実感力があり、ダイエットサポートにピッタリだと思います。

ビナリスの良い口コミを見ると、『評判が良いから購入した。』や『痩せやすい身体になった。』などの感想が多く、『毎朝スッキリ。』という評判通りの口コミも多数あります。

(ビナリスの評判は本当に良い?)

・評判は本当に良い?
ビナリスの口コミを調査した結果、効果を実感している人が多いので、評判は本当に良いようです。

・評判が良い理由は?
ビナリスの評判が良い理由は、ユーグレナやクビレ菌、穀物麹、きのこキトサン、サラシアなど、魅力的な成分をバランス良く配合しているからです。

また、短鎖脂肪酸に着目している点も、ビナリスの評判が良い理由の一つと言えそうです。

このサプリの効果を徹底検証!

ビナリスは、クビレボディへと働きかける人気商品ですが、どんな効果が期待できるのか徹底検証しました。

(ビナリスの特徴から効果を検証!)

・クビレ菌を配合
ビナリスには、有胞子性乳酸菌や酪酸菌、ビフィズス菌B-3などの成分を黄金比率で配合したクビレ菌が含まれています。

クビレ菌は、短鎖脂肪酸を作り出す能力が高く、ヤセ菌を増やすことでクビレボディへと導きます。

・短鎖脂肪酸とは?
短鎖脂肪酸とは、体内フローラの研究で注目されている成分の一つで、内側から私達の健康をサポートする効果が期待できます。

・ユーグレナを配合!
ビナリスには、クビレ菌を増やす強力なパートナーのユーグレナという成分が配合されています。

ユーグレナは、短鎖脂肪酸を増やすことが近年の研究で分かり、乳酸菌の働きを活性化させる効果が期待できます。

そのため、『今まで色々試しても効果がなかった!』という方にも、ビナリスはおすすめなサプリです。

(他にも魅力的な成分を複数配合!)

・6種の穀物麹
麹の酵素によって生み出されるオリゴ糖は善玉菌の大好物のため、善玉菌を増やす効果が期待できます。

・きのこキトサンやサラシアも配合!
ビナリスには、植物由来のきのこキトサンやサラシアも配合されています。

これらの成分に期待できる効果は、ダイエットサポートや体内フローラサポートなどです。

様々な角度からダイエットやクビレにアプローチするため、効率的なダイエットを目指す方にもビナリスはおすすめです。

ビナリスの副作用を調査!

サプリメントを使用する際、『副作用は大丈夫なの?』と心配な方も多いと思います。
そこで、ビナリスの成分から副作用を調査しました。

(ビナリスの配合成分は?)

・クビレ菌
ビナリスには、クビレ菌『有胞子性乳酸菌、酪酸菌、ビフィズス菌B-3』などの成分が配合されています。

クビレ菌は、短鎖脂肪酸を作り出す能力が高いので、ヤセ菌優位へとアプローチします。

・ユーグレナ
ユーグレナは、短鎖脂肪酸を増やすことが近年の研究で分かり、乳酸菌の働きを活性化する作用が確認されています。

・6種の穀物麹
善玉菌のエサとなるオリゴ糖を生み出し、善玉菌の繁殖をサポートします。

・きのこキトサンやサラシア
ビナリスには、吸収コントロールに働きかけるきのこキトサンや、ダイエットサポート成分サラシアが配合されています。

(副作用がでる可能性は?)

・副作用は大丈夫?
ビナリスの配合成分を調査した結果、危険な成分は含まれていないため、副作用がでる可能性は極めて低い商品です。

一方、ビナリスの口コミを調べたところ、『副作用がでた。』という内容は見つかりませんでした。

・サプリメントだから安心!
ビナリスはサプリメントのため、医薬品のような副作用はありません。

ビナリスは、副作用リスクが極めて低い商品ですが、体質には個人差がありますので、事前に成分の確認をおすすめします。

ビナリスとビセラを徹底比較!

ビナリスとビセラは、腸内フローラに着目した人気商品ですが、どっちがいいのか徹底比較しました。

(ビナリスとビセラの特徴を比較!)

・ビセラの特徴
ビセラには、短鎖脂肪酸やラクリス菌、EC-12菌、ナノ乳酸菌など、32種類の腸内フローラサポート菌、オリゴ糖、水溶性食物繊維などが配合されています。

ビセラの特徴は、短鎖脂肪酸をダイレクトに配合しているという点で、効率性を考えた成分構成になっています。

・ビナリスの特徴
ビナリスには、ユーグレナやクビレ菌、6種の穀物麹、きのこキトサン、サラシアなどの成分が配合されています。

ビナリスとビセラの成分を比較した場合、双方とも短鎖脂肪酸に着目した配合内容となっています。

(どっちがいいの?)

ビナリスとビセラを比較した場合、それぞれに魅力があり比較は難しいところですが、配合成分の充実性を比較するなら断然ビナリスがおすすめです。

・ビナリスがおすすめな理由は?
ビナリスとビセラの成分を比較すると、両商品とも魅力的な成分構成になっています。

しかし、ビナリスにはユーグレナや有胞子性乳酸菌、酪酸菌、ビフィズス菌B-3が配合されているので、バランス性はバッチリです。

さらに、ビナリスはサラシアも配合しているので、ビセラと比較した場合に限らず腸内フローラサポートサプリは、ビナリスがおすすめです。